以下の言語も豊富な翻訳実績を有します。

北米

米国

画像

英語(アメリカ英語)82.1%、スペイン語10.7%、その他、ハワイ語やアメリカ・インディアン諸語など。アメリカ合衆国には法で定められた公用語はないが、建国の歴史から英語(アメリカ英語)が事実上の国語となっている。2003年には、約2億1,500万人(5歳以上の全国民の82%)が家庭で英語のみを使用している。

英語を母語としない国民でもたいていは英語を日常的に使用している。高齢者を除き、基本的な英語の知識は市民権取得の必須条件である。アメリカ人の中には英語を連邦の正式な公用語とすることを希望する者が多く、現在30州が英語を公用語に指定している。ニューメキシコ、ルイジアナ、メイン、ハワイの4州では行政上英語以外の言語が事実上の第二言語とされている。ハワイ州では州憲法によりハワイ語と英語が公用語とされており、ルイジアナ州とメイン州ではフランス語が行政上の第二言語である。

合衆国加入当時からスペイン(メキシコ)系住民の多いニューメキシコ州は常にスペイン語を非公式な第二公用語としてきた。

アラスカの20の原住民言語はアラスカ州で、スー語はサウスダコタ州で公用語である。

スペイン語の話者は英語に次いで多く、特にカリフォルニア州、ニューメキシコ州、アリゾナ州、テキサス州などメキシコと隣接する地域やニューヨークやシカゴなどの大都市では日常的に用いられており、国内でもっとも学習者の多い外国語でもある。2008年のセンサス による人口予測では、2050年にはヒスパニックの人口は1億3,300万人となり、全人口の3割に達する見込みである。

画像
単価の目安は下記のリストをご参照下さい。

カナダ

画像

英語フランス語が、1969年に制定された公用語法によって認められている公用語です。この公用語法では、連邦政府における英語とフランス語が平等な地位にあることが定められた。

2006年国勢調査[31] によると、国民の約58%が英語、約22%がフランス語を第一言語としている。約98%が英語かフランス語のどちらかを話し(57.8%が英語のみを、13.3%がフランス語のみを、17.7%が両言語を話すことができる)、フランス語がおもに使われている地域はケベック州、オンタリオ州のオタワなどの東部地域と北オンタリオ地方、ニューブランズウィック州のアカディア人の多い地域、およびマニトバ州の南部である。このうち、ケベック州はフランス語(ケベック・フランス語を参照)のみを、ニューブランズウィック州は英語とフランス語を州の公用語とし、他州は英語のみを州の公用語としている。

公用語以外の言語を使う住民も600万人ほどおり、中国語(広東語が多い)の話者が103万人、イタリア語が45万人、ドイツ語が44万人などである。

画像
単価の目安は下記のリストをご参照下さい。

 

欧州

英国

画像

事実上の公用語は英語(イギリス英語)で、もっとも広く使用されています。イングランドの主にコーンウォールでコーンウォール語、ウェールズの主に北部と中部でウェールズ語、スコットランドの主にローランド地方でスコットランド語、ヘブリディーズ諸島の一部でスコットランド・ゲール語、北アイルランドの一部でアルスター・スコットランド語とアイルランド語が話されており、それぞれの構成国で公用語になっています。

特に、ウェールズでは1993年にウェールズ語が公用語になり、英語と同等の法的な地位を得た。2001年現在、ウェールズ人口の約20%がウェールズ語を使用し、その割合は僅かではあるが増加傾向にある。公文書や道路標識などはすべてウェールズ語と英語とで併記される。また、16歳までの義務教育においてウェールズ語は必修科目であり、ウェールズ語を主要な教育言語として使用し、英語は第二言語として扱う学校も多く存在する。

画像
単価の目安は下記のリストをご参照下さい。

フランス

画像フランス語は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語です。世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっています。

全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上です。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言います。

国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれています。国際連合においては、英語とフランス語は「国連事務局作業言語」と定義されており、その他の国連公用語(ロシア語・中国語・スペイン語・アラビア語)より位置付けが高いです。

画像
単価の目安は下記のリストをご参照下さい。

ドイツ

画像ドイツ語(独:Deutsch、deutsche Sprache)は、インド・ヨーロッパ語族・ゲルマン語派の西ゲルマン語群に属する言語です。話者人口は約1億3000万人、そのうち約1億人が第一言語としています。EU圏内では、母語人口は域内最大(ヨーロッパ全土ではロシア語に次いで多い)であり、話者人口は、英語に次いで2番目に多いです。

しかし、歴史的にドイツ、オーストリアの拡張政策が主に欧州本土内で行われたこともあり、英語、フランス語、スペイン語のように世界語化はしておらず、基本的に同一民族による母語地域と、これに隣接した旧支配民族の使用地域がほとんどを占めています。

画像
単価の目安は下記のリストをご参照下さい。

ロシア

画像ロシア語は、インド・ヨーロッパ語族のスラヴ語派に属しています。文法構造と語彙は、ポーランド語、チェコ語、セルビア語、ブルガリア語などの他のスラヴ語に似ています。

英語のアルファベットは26文字なのに対して、キリル文字と呼ばれるロシア語のアルファベットは33文字で構成されています。ロシア文字はローマ字と同じアルファベットですので、簡単に覚えることができます。キリル文字はロシアだけでなく、セルビア、ブルガリアでも使われています。これはキリル文字がギリシア正教の影響を受けて作られたからです。

画像
単価の目安は下記のリストをご参照下さい。

イタリア

画像

イタリア語(イタリアご、Italiano [itaˈljaːno] ( 音声ファイル), Lingua italiana)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する言語の1つで、おおよそ6千万人ほどが日常的に使用しており、そのほとんどがイタリアに住んでいる。後置修飾で、基本語順はSVO。

イタリア語はイタリア、サンマリノ共和国で公用語として定められている。スイスではティチーノ州全域とグラウビュンデン州(グリジョーニ州、Grigioni)の一部がイタリア語圏であり、スイス全体としても公用語になっている。

画像
単価の目安は下記のリストをご参照下さい。

オランダ

画像

オランダ語(オランダご、(蘭: Nederlands [ˈneːdərlɑnts] ( 音声ファイル))は、インド・ヨーロッパ語族の西ゲルマン語群に属し、オランダおよびベルギー北部を中心に2300万人以上が使っている言語。ベルギー方言はフラマン語と言うことがある。南米のスリナム共和国の公用語でもある。

オランダ語はオランダをはじめ、ベルギーのフランデレン地域、かつてオランダの統治下にあったスリナム、オランダ自治領のアルバ、ランダ領アンティルで使用され、これらの国と地域の公用語になっている。

画像
単価の目安は下記のリストをご参照下さい。

スペイン

画像スペイン語( español)もしくはスティーリャ語( castellano)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する言語です。スペインおよび、ブラジルを除くラテンアメリカ地域における主要言語で話者人口は、約4億2000万にものぼります。スペイン語を公用語としている国と地域の数は20以上あります。

国際連合においては、英語、フランス語、ロシア語、中国語、アラビア語と並ぶ、6つの公用語の1つです。

スペイン語において「スペイン語」を意味する名詞は、“castellano”(カステリャーノ、もしくはカステジャーノ) または“español”(エスパニョール)。エスパニョールはスペイン (España) の言葉という意味です。

スペイン語は、ポルトガル語と似ており、かなりの水準で相互意思疎通が可能です。

画像
単価の目安は下記のリストをご参照下さい。

ポルトガル

ポルトガル国旗ポルトガル語(português [puɾtuˈgeʃ / poɾtuˈges], língua portuguesa)は、主にポルトガルおよびブラジルで使われています。俗ラテン語から発展して形成されたロマンス語の1つで、スペイン語などと共にインド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属します。

ポルトガル語を母語とする人口は、約2億5000万人です。81%(約2億人)がブラジル国内に、残りの5,000万人は、ポルトガルおよびその旧植民地に分布し、複数の大陸にまたがって話される数少ない言語の1つでもあります。

ポルトガル語は、大航海時代のポルトガル海上帝国の成長とともにアジア・アフリカ地域に広まり、日本では最初に伝播したヨーロッパの言語であり、古くからの外来語として定着し、戦国時代にキリスト教と共に伝わりました。ポルトガル語に最も近い主要言語は隣国のスペイン語です。

画像
単価の目安は下記のリストをご参照下さい。

 

スウェーデン

スウェーデン
スウェーデン

2009年7月からスウェーデン語 (svenska) が正式な公用語に制定された。そのほか、フィンランド語、メアンキエリ、ロマ語、サーミ語、イディッシュ語を話す者も少数います。

スウェーデン語は、隣国のノルウェー語デンマーク語と類縁関係(ゲルマン諸語)にあり、スウェーデン語話者とノルウェー語話者は相互に意思疎通ができる会話程度は可能であるといわれています。

テレビ番組にアメリカ製番組の字幕版が多いといった文化面の影響もあり、イギリスの方が近いにもかかわらず、イギリス英語でなくアメリカ英語で話す人たちもいます。

単価リスト
単価の目安は下記のリストをご参照下さい。

ギリシャ

ギリシャ主たる言語はギリシア語であり、北部と南部とで方言がある。北方国境ではスラヴ諸語話者もいます。

 

 

単価リスト
単価の目安は下記のリストをご参照下さい。

南米

ブラジル

画像

公用語は、ポルトガル語(ブラジル・ポルトガル語)です。ただし、ブラジルで使われるポルトガル語は語彙の面でアフリカやインディオの影響を受けているため、ブラジル・ポルトガル語と言われるほど本国ポルトガルのポルトガル語(イベリア・ポルトガル語)とは異なっています。その違いは聞けばすぐわかるほどはっきりしていますが、日常会話は支障なく行うことができるため、日本の方言よりも差は少ないと言われています。

日本は、ポルトガル語圏諸国の中ではブラジルとの交流関係が圧倒的に多いため、あえてポルトガルのポルトガル語と特記されていない限り、日本国内の語学教科書や語学講座で教えられているポルトガル語はブラジル・ポルトガル語であると考えて差し支えないと思われます。ブラジル国内でも多少の方言は存在する。

また日本のブラジル系移民では、日本独特のポルトガル語表現が存在する

1940年代のヴァルガス時代にブラジルのポルトガル語をブラジル語と呼ぶべきか否かをめぐってブラジル語論争があったが、結局ブラジル語なるものは存在せずに、ブラジルの言葉はポルトガル語の方言であることが確認された。ただし、ナショナリズムの観点からブラジル語という言葉を用いるブラジル人は今でも存在する。

単価リスト
単価の目安は下記のリストをご参照下さい。

メキシコ

画像

公用語は定められていないが、事実上の公用語はスペイン語(メキシコ・スペイン語)であり、先住民族の65言語(ナワトル語、サポテカ語、マヤ語など)も政府が認めている。世界最大のスペイン語人口を擁する国家である

単価リスト
単価の目安は下記のリストをご参照下さい。

アルゼンチン

画像

スペイン語(リオプラテンセ・スペイン語)が公用語であり、アルゼンチンではエスパニョールではなくカステジャーノと呼ばれる。

ポルテーニョ(ブエノスアイレス市民)のアクセントはイタリア語のナポリ方言の影響が強く、ヨーロッパ移民、特にイタリア移民の影響により、ラ・プラタ地域で話されるルンファルドと呼ばれる独特の俗語が形成されてきた。

アルゼンチンは、スペイン語圏でも二人称単数においてボセオ(Voseo)のみが全土で使用されている数少ない国であり、ボセオはアルゼンチンのアイデンティティとなっている。

スペイン語のほかには英語、イタリア語、ドイツ語、フランス語、および多少の先住民言語なども使用されている。

標準ドイツ語は140万人から150万人のドイツ系アルゼンチン人によって話されているが、180万人以上が話しているともいわれている。ドイツ語は、今日のアルゼンチンで第3か第4に多くの人々に話されている言葉である。

そのほかにも、調査によると、150万人がイタリア語を話し、100万人がシリア・レバノンのアラビア語を話している。

ガリシア語、イディッシュ語、日本語なども話されているが、これらの言語は現在では話されることは少なくなってきている。パタゴニアのトレレウやガイマンといった町にはウェールズ語を話すコミュニティがある。

近年のアジア系移民は中国語と韓国語をブエノスアイレスに持ち込んだ。

先住民言語はコリエンテス州、ミシオネス州でグアラニー語が話され、コリエンテス州では公用語となっている。ケチュア語は北西部のサンティアゴ・デル・エステロ州で話され、アイマラ語はボリビアからの移民のコミュニティなどで話されている。パタゴニアではマプーチェ語などが話されている。

英語、ブラジル・ポルトガル語、フランス語はあまり大きな存在感を持たない。英語は学校教育で教えられ、ポルトガル語とフランス語が後に続く。

単価リスト
単価の目安は下記のリストをご参照下さい。

コロンビア

コロンビア

コロンビアでは80以上の言語が話されており、50万人が先住民の言葉を今も話しているが、公用語はスペイン語であり、日常生活でも使われている。また、コロンビアのスペイン語は南米で最も正しくスペイン語のアンダルシア方言を残しているといわれている。

単価リスト
単価の目安は下記のリストをご参照下さい。

ペルー

画像

公用語はスペイン語(ペルー・スペイン語)、ケチュア語(1975年から)、アイマラ語(1980年から)であり、人口の大部分はスペイン語を話す。セルバのアマゾン低地では、先住民によって独自の言語が話されている。

シエラのインディヘナの多くはケチュア語を話す。アイマラ語話者はティティカカ湖沿岸のプーノ県に特に集中しており、ボリビアのアイマラ語文化圏と文化的に連続している。

 

翻訳料金の目安

原文訳文単価備考
日本語(欧州向け)スペイン語15~30円/1文字
日本語(南米向け)スペイン語15~30円/1文字
日本語(欧州向け)ポルトガル語14~28円/1文字
日本語(欧州向け)ポルトガル語14~28円/1文字
日本語ドイツ語15~30円/1文字
日本語フランス語15~30円/1文字
日本語イタリア語15~30円/1文字
日本語ロシア語16~32円/1文字
日本語アラビア語17~34円/1文字
日本語オランダ語16~32円/1文字
日本語トルコ語16~32円/1文字
原文 訳文単価備考
英語日本語16~32円/1ワード
スペイン語日本語20~40円/1ワード
ポルトガル語日本語20~40円/1ワード
ドイツ語日本語24~48円/1ワード
フランス語日本語20~40円/1ワード
イタリア語日本語20~40円/1ワード
ロシア語日本語25~50円/1ワード
アラビア語日本語25~50円/1ワード
(欧州向け)スペイン語日本語20~40円/1ワード
(南米向け)スペイン語日本語20~40円/1ワード
(欧州向け)ポルトガル語日本語20~40円/1ワード
(南米向け)ポルトガル語日本語20~40円/1ワード
オランダ語日本語24~48円/1ワード
スウェーデン語日本語26~52円/1ワード
デンマーク語日本語26~52円/1ワード
ノルウェー語日本語26~52円/1ワード
ポーランド語日本語24~48円/1ワード
トルコ語日本語25~50円/1ワード
ウクライナ語日本語26~52円/1ワード
原文 訳文単価備考
英語ドイツ語20~40円/1ワード
英語フランス語18~36円/1ワード
英語イタリア語18~36円/1ワード
英語ロシア語22~44円/1ワード
英語アラビア語22~44円/1ワード
英語ヒンディー語22~44円/1ワード
英語(欧州向け)
スペイン語
18~36円/1ワード
英語(南米向け)
スペイン語
18~36円/1ワード
英語(欧州向け)
ポルトガル語
18~36円/1ワード
英語(ブラジル向け)
ポルトガル語
18~36円/1ワード
英語ルーマニア語22~44円/1ワード
英語オランダ語22~44円/1ワード
英語スウェーデン語22~44円/1ワード
英語デンマーク語22~44円/1ワード
英語ノルウェー語22~44円/1ワード
英語フィンランド語22~44円/1ワード
英語ブルガリア語22~44円/1ワード
英語ポーランド語22~44円/1ワード
英語チェコ語22~44円/1ワード
英語ハンガリー語22~44円/1ワード
英語トルコ語22~44円/1ワード
英語ギリシア語22~44円/1ワード
英語ペルシア語22~44円/1ワード
英語ウルドゥ語22~44円/1ワード
英語ヒンズー語22~44円/1ワード
英語ベンガル語22~44円/1ワード
英語ヘブライ語22~44円/1ワード
英語スロバキア語22~44円/1ワード
英語クロアチア語22~44円/1ワード
英語グルジア語22~44円/1ワード
英語シンハラ語22~44円/1ワード
英語ウクライナ語22~44円/1ワード
原文 訳文単価備考
中国語英語10~20円/1文字
韓国語英語15~30円/1文字
タイ語英語6~12円/1文字
ベトナム語英語15~30円/1ワード
インドネシア語英語22~44円/1ワード
タガログ語英語20~40円/1ワード
マレー語英語22~44円/1ワード
ミャンマー語英語24~48円/1ワード
スペイン語英語20~40円/1ワード
ポルトガル語英語20~40円/1ワード
ドイツ語英語24~48円/1ワード
フランス語英語20~40円/1ワード
イタリア語英語20~40円/1ワード
ロシア語英語24~48円/1ワード
アラビア語英語25~50円/1ワード
(欧州向け)スペイン語英語20~40円/1ワード
(南米向け)スペイン語英語20~40円/1ワード
(欧州向け)ポルトガル語英語20~40円/1ワード
(南米向け)ポルトガル語英語20~40円/1ワード
ラオス語英語7~14円/ラオス語1文字
カンボジア語(クメール語)英語7~14円/クメール語1文字
モンゴル語英語24~48円/1ワード
ルーマニア語英語24~48円/1ワード
オランダ語英語24~48円/1ワード
スウェーデン語英語26~52円/1ワード
デンマーク語英語26~52円/1ワード
ノルウェー語英語26~52円/1ワード
フィンランド語英語26~52円/1ワード
ブルガリア語英語26~52円/1ワード
ポーランド語英語26~52円/1ワード
チェコ語英語26~52円/1ワード
ハンガリー語英語26~52円/1ワード
トルコ語英語26~52円/1ワード
ギリシア語英語26~52円/1ワード
ヘブライ語英語26~52円/1ワード
スロバキア語英語26~52円/1ワード
クロアチア語英語26~52円/1ワード
ウクライナ語英語26~52円/1ワード

 

ヨーロッパ言語はどれぐらい似ているか?

画像

  • :ゲルマン語派 GERMANIC

    ドイツ語 GER、英語 ENG、オランダ語 DUT、スウェーデン語 SWE、デンマーク語 DSH、ノルウェー語 BOK、NN、アイスランド語 ICE など

  • :ロマンス語派 ROMANCE

    イタリア語 ITA、フランス語 FRE、スペイン語 SPA、ポルトガル語 POR、ルーマニア語 ROM など

  • :スラヴ語派 SLAVIC

    ロシア語 RUS、ウクライナ語 UKR、ポーランド語 POL、チェコ語 CZE、スロバキア語 SLO、クロアチア語 CRO、セルビア語 SRB、ブルガリア語 BUL、ベラルーシ語 BLR など

  • :ヘレニック語派 GREEK

    ギリシャ語 GRK

  • :ケルト語派 CELTIC

    ウェールズ語 We、ブルトン語 Bre、アイルランド語 Ir、ガリア語 Ga

同じ色の言語が、グループ(語派)を形成しています。
グループ内の言葉は、相互距離が近い=似ているコトバ ということになります。

次に、各語派の特徴を見ていきましょう。

ゲルマン語派

英語ドイツ語を2極としながら、スカンジナビアやアイスランドの北欧語がかたまりをつくっています。
オランダ語は、英語とドイツ語の双方に近いことが分かります(ドイツ語により近い)。

ドイツ語は、バルト語派 BALTIC を媒介にして、スラヴ語派の方に飛び出していますね。
「ドイツ語とロシア語は似ている」と、よく言われますが、じっさいには、「ロシア語はポーランド語に近い」んです。隣国どうしですし。

「英語とドイツ語は似ている」というのも定説ですが、現実的には、英語は北欧語(とくにノルウェー語、デンマーク語)からの影響が大きいようです。バイキングの影響ですね。

英語のもう一つの特徴は、フランス語との関係。
ゲルマン語派のなかで唯一、英語はフランス語へ近寄っていることが見て取れます!

ロマンス語派

ロマンス語派は、ラテン語を親とする子供たちです(ラテン語は死語なので、この図には載っていませんが…)。
母親によく似た長女と言ってもいいイタリア語は、グループの中央に鎮座しています(かつてはこの位置にラテン語がいたんでしょうね)。

フランス語-イタリア語-スペイン語-ポルトガル語」の類縁関係はよく知られていますが、図にもはっきり表れています。

面白いのは、バルセロナ周辺のカタロニア語 CAT と、イタリア南部の島のサルデーニャ語 SRD。
スペイン語やイタリア語の方言ではなく、独立した言語として扱われているんですね。

異色なのは、ルーマニア語。地理的には東欧なのに、Romania と綴るように、もとは Roma の勢力圏でした。そうした背景があって、(アルバニア語を経由してですが)スラヴ語派の方に引っ張られています。

スラブ語派

印欧語族(インド・ヨーロッパ語族)3大語派のひとつ、スラヴ語派は、ゲルマン語派、ロマンス語派から遠く離れた位置にあります。
西欧の言葉(ゲルマン語派、ロマンス語派など)と、東欧(スラヴ語派)の言葉が、大きく異なっている、というのが、この図から一目瞭然ですね。

しかも、ロシア語はというと… スラヴ語派の右端にいますね。
英語やフランス語からは、最大限に離れたところにいます!

ヘレニック語派

ここには、ギリシャ語のみが属しています。なので、ギリシャ語派とも呼ばれます。
ヘレニック Hellenic の Hellen へレーン とは、ギリシャ神話の人物で、古代ギリシャ人が自分たちを「へレーンの一族」と自称したことに由来します。ヘレニズム文化も Hellenism と書きます。

古代ローマ人は、古代ギリシャから大いに文化を採り入れた、ということですが、ロマンス語派とギリシャ語って、この図からすると、ほとんど類縁関係がないんですね。

また、ロシア語などを書くためのキリル文字は、ギリシャ文字がベースになっていますが、スラヴ語派とギリシャ語も、ほとんど関係がないんですね。

ケルト語派

地理的に考えて、英語やフランス語に近いのかと思いきや、ウェールズ語が英語と、ブルトン語(仏・ブルターニュ地方の言葉)がフランス語と細々と繋がっているだけです。

かつて、欧州全体の支配言語だったとも言われているケルト語ですが、長い年月を経て、僻地に追いやられてしまったんですね。

フランス語-英語-ドイツ語 の関係

各語派のようすや、ドイツ語-ポーランド語、ルーマニア語ースロバキア語など、語派を超えて類似性が認められる言語について見てきました。

そのなかで特筆すべきは、「フランス語-英語-ドイツ語」の関係です。
英語は、ドイツ語とフランス語の中間にありますね

もっと言うなら、英語はドイツ語同様、ゲルマン語派のなかに居ながら、フランス語との関係が強い。
あるいは、英語は、兄弟であるドイツ語から遠ざかろうとしつつ、フランス語の方に強く引っ張られている…

大学で第二外国語を選択するとき、「ドイツ語とフランス語のどちらを選んだらいい?」という問いに対して、「ドイツ語の方が英語に似てるよ」と言うひともいれば、「フランス語の方が単語は似てるよ」という意見のひともいます。

正解は…「英語との近さ」という点では、ドイツ語もフランス語も、似たり寄ったりなんですね。

はっきりと言えることですが、「英語はフランス語に近く」、「英語とドイツ語の共通点は限定的」です。
詳しくは、下記の記事をご覧ください。