通訳をご依頼の際は、おおむね以下のような流れとなります。

 

ご相談 → お見積 → ご発注 → 資料のご提供 → 通訳 → フィードバック

 

1) ご相談

通訳を必要とする案件について、以下の情報をまず弊社にお知らせください。

・日時

・場所

・言語

・内容(機械の使用方法の説明、不動産の売買契約など、なるべく具体的に)

・通訳対象の関係(機械納入者と使用者、不動産の販売者と購入者、など)

・対象人数(納入業者2名が使用者6名に説明、販売会社2名と購入者1名、など)

これらの情報をもとに、通訳候補者をピックアップします。

 

2) お見積

通訳者は人によりレートに幅があります。希望日時に対応可能な通訳者のレートにもとづき、御見積書を作成します。

 

3) ご発注

お見積にご納得のうえで、ご発注ください。正式発注後にキャンセルされた場合、通訳予定日までの日数によっては、キャンセル料が発生することがあります。弊社からキャンセル料規定をお送りしますので、必ずお読みください。

 

4) 資料のご提供

なるべく早めに関連資料のご提供をお願いします。特に技術関係の案件の場合は、事前に用語やメカニズムの勉強などが必要なことが多いため、事前の資料提供によって通訳の質をより高めることができます。通訳者にとっても、通訳をしてもらう側にとっても、当日の仕事がよりスムーズに進みます。

 

5) 通訳

ご指定の時刻にご指定の場所へ通訳が赴きます。通訳終了後、弊社が通訳者から「完了」の連絡を受けて、案件が完了となります。

 

6) フィードバック

通訳者のパフォーマンスや、弊社の手配・処理についてのご意見・ご感想を歓迎します。フィードバックしてくださった内容は、社内で共有するとともに、通訳者にも伝え、より質の高いサービスを提供するための糧とさせていただきます。