翻訳作業の流れ

 

翻訳作業をご依頼の際は、おおむね以下のような流れとなります。

 

お見積* → ご発注 → 作業の手配 → 品質管理 → 納品 → フィードバック

*発注未定段階でも、品質確認のための「お試し翻訳」を無料で承ります。

 

1) お見積

翻訳する原稿を弊社にメールなどでご送付ください。その際、何語から何語に翻訳を希望されるかを忘れずお知らせください。

お見積は、原則として「原稿の文字数 x 単価」により計算します。ただ、まだ原稿が未定で、必要な予算規模・リードタイムを知るためにざっくりした見積が欲しい、という場合は、サンプルページをもとにお見積を出すことも可能です。

御見積書は通常、料金、納期、納品形式を記載してお送りします。

(見積書の画像+料金、納期、納品形式の記載箇所に赤枠)

 

2) ご発注

御見積書に記載の料金、納期にご納得されたうえで、ご発注ください。

ご発注にあたり、社内規定などで「秘密保持契約」が求められる場合は、その旨お申し付けください。なお、「秘密保持契約」を交わさない場合も、依頼主様の秘密は厳守いたしますので、ご安心ください。

 

3) 作業の手配

ご発注を受けて、翻訳作業に入ります。ここから先は、原則として一人のコーディネーターが、納品まで一貫して手配を担当します。コーディネーターは原稿の内容や用途を確認し、最適な翻訳者を選んで作業を依頼します。

 

4) 品質管理

コーディネーターがお客様のご要望をそれぞれの作業者(翻訳者、校正者、ネイティブチェッカーなど)に伝え、作業者をさまざまな面からサポートして、ご要望が的確に反映されるようにします。

 

5) 納品

翻訳ファイルの納品方法は、メール添付が最も一般的な手段ですが、お客様のご要望に応じて、ご指定サーバへのアップロード、ファイルダウンロードサービスの利用、記録媒体の郵送など、臨機応変に対応いたします。

 

6) フィードバック

納品した翻訳文書についてのご意見やご提案を歓迎します。フィードバックしてくださった内容は、社内で共有するとともに、翻訳者などにも伝え、品質向上の糧とさせていただきます。