外国語DTPの注意点

☞ 翻訳後の文字数

一般的に日本語から他言語への翻訳後は、文字ボリュームが増加するので増加分を考慮して外国語のDTP編集を行います。

日本語から英語で2割増、英語からフランス語、ドイツ語では2〜3割増、英語からロシア語で4〜5割増を目安として考えます。

また、日本語から中国語への翻訳では、文字数が減少するので、やや大き目のフォントを使用します。

表の列幅や画像のキャプションに十分なスペースを設けたり、操作手順と図版が離れないように段落書式の設定を行ったりします。

☞ ハイフネーション(単語の中途での改行)

マニュアルの本文は、箱組/ラグ組にかかわらずハイフネーション(単語の途中での改行)を行います。

そうすることで均一に整って読みやすくなります。

ハイフネーションをしないと、箱組では単語間が不自然に空いたり、ラグ組では右端が不恰好に凸凹したりと見苦しくなります。

組幅が狭い場合や、単語が長いドイツ語・ロシア語などの場合は特に顕著です。

☞ イラストなど画像のキャプション(画像に付帯する短い説明文)

イラストなど画像のキャプションは、「Illustrator」などのデータ上ではなく「InDesign」上に配置します。

翻訳時に本文と一括で翻訳手配が進行でき、かつ言語ごとに「Illustrator」上で翻訳テキストの加工をする手間も省くことができます。

☞ 合成フォント

中国語や韓国語では合成フォント機能を使って英数字には欧文フォントを組み合わせます。

中国語や韓国語フォントの従属欧文は、ウェイトによってデザインが異なったり、文字の間隔が不自然に空く、詰まるなど見た目上の問題が発生したりすることがあるためです。

☞ 2バイト文字(全角文字)の不使用

日本語以外の環境下で文字化けが起こり「ファイルが開かない」「イラストのリンクや相互参照が外れる」などのトラブルを防ぐため、日本語版作成時からファイル名、イラスト名、フォルダ名のみならず、段落書式・文字書式・表書式・相互参照書式・合成フォント名などの設定項目にも1バイト文字(半角文字)を使用します。

☞ ブック内の設定

段落書式やマスターページなどあらゆる設定をブック内の全ファイルで共通にしてDTP編集を行います。

章によってレイアウトが不統一になるなど、多言語のページ作成・管理をするうえで、のちのち品質・コスト面に大きな影響を及ぼすためです。

DTPにおける特殊な外国語

一般的には日本語・中国語・韓国語、英語その他ラテン文字が使用されている言語以外の言語で、通常使用する「InDesign」、「Illustrator」、「FrameMaker」では、対応が困難な言語があります。

例えば「アラビア語・ウルドゥー語・クメール語・グルジア語・タイ語・タミル語・ネパール語・ビルマ(ミャンマー)語・ヒンディー語・ヘブライ語・ペルシア語・ベンガル語・ラオ語等々」がそれにあたります。これらの文字言語をInDesign、Illustrator、FrameMaker等で編集する場合、特に注意しなければいけないのは、

1.文字化け
2.声調記号のズレ
3.改行位置の間違い

等です。言語によっては、専用のソフトウェア、あるいはプラグインを使用することで回避できます。

 

文字化けを起こす言語

アラビア語
ビルマ(ミャンマー)語

声調記号のズレを起こす言語

タイ語

文字と声調記号が化ける言語

クメール(カンボジア)語

改行位置を間違いやすい言語

タイ語(3バイト文字)

・タイ語では、基本的に文章の切れめがありません。人為的に単語の切れ目で改行を入れる必要があります。タイ語を理解しないと1文字が半分に分断される可能性があります。(日本語に例えると、漢字の「へん」と「つくり」が分かれてしまうのと同じです。)
・他の言語に比べ、文字の背が高いため、行間の調整が必要。

アラビア語に関して

・文字化け
・本の閉じ方、文字の流れの方向が、他の言語とは逆。
・日本語版・英語版InDesignでは編集できないためInDesignに中東言語専用のプラグインが必要です。