SDS (MSDS)とは

SDS(Safety Data Sheet : 安全データシート)とは、有害性のおそれがある化学物質を含む製品を他の事業者に提供する際に、その製品の性状や取り扱いに関する情報を提供するための文書です。

SDSは、化学物質を扱う全ての人に対する「有害性」に関する情報を提供することを目的としています。

日本でSDSの作成を義務付けている法律は、「化学物質排出把握管理促進法」「労働安全衛生法」及び「毒物及び劇物取締法」の3つです。

SDSは、「MSDS (Material Safety Data Sheet : 化学物質等安全データシート)」と呼ばれていましたが、現在はGHSで定義されているSDS(Safety Data Sheet)に統一されています。

日本では、GHSに対応した法令や規格が整備された2012年以降、SDSというようになりました。国内規格ではJIS Z7253、国際規格ではISO 11014として、その記述内容が標準化されています。

 

SDS(MSDS)の翻訳

化学分野における専門知識と実務経験を有する翻訳者が、翻訳にあたります。

・現在所有しているSDSをほかの言語に翻訳致します。

翻訳会社AAインターナショナルでは、英語、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、フランス語、ドイツ語なども対応可能です。(・詳細はお問い合わせください。)