タイ語は、狭義では中央方言(中央タイ語)を指します。中央方言のなかでもバンコク地方の方言をベースにした標準タイ語が文章やメディア、式典などで用いられます。ここではこの標準タイ語を狭義のタイ語として記述します。広義では北タイ語やイーサーン語などタイ国内で話されるタイ語系言語全てを指し、更にはラオス語などタイ国外のタイ系諸民族が話すタイ語系言語をも含むことがあります。

 

タイ語とラオス語

 

タイ語とラオス語は互いに方言関係にあり、純粋言語学的には同一言語の地域変種といえます。しかし、タイ語とラオス語はそれぞれ別国家の公用語と位置づけられ、またタイ人とラオス人の間には「同系」の意識はあっても「同じ民族」という意識がなく、使用する文字も異なる(起源は同じとされます)ため、タイ語とラオス語は政治的・社会言語学的には別言語とされています。とりわけラオスでは、タイからの政治的・文化的影響力を遮断し、国家の自立を守るため、意図的にラオス語のタイ語からの分離を謳うプロパガンダを作り上げてきた歴史があります。

 

タイ東北部で使用されているイーサーン語は、ラオス語との共通点が比較的多く、ラオス語とだいたい意思疎通が可能です。またタイ標準語とイーサーン語の違いも小さく、イーサーン地方以外の地域のタイ人であっても概ねイーサーン語を理解できます。イーサーン語は標準タイ語の影響が強まっており、似てはいてもイーサーン語とラオス語は同じではありません。

 

ラオス人の多くはタイ語のテレビ・映画コンテンツを翻訳なしで子供のころから見ており、逆にラオス語のものはほとんど見ることがありません。そのためラオス人の多くは特にタイ語の教育を受けていなくてもかなり上手にタイ語を話せます。ラオスの首都ビエンチャンなどの都市部では、タイ文字を読めるラオス人もいます。イーサーン語が標準タイ語化してきているのと同様に、ラオス語の口語もタイからの文化流入によりタイ語化してきています。