台湾,香港,マカオ
上海浦東地区・台北101・香港100万ドルの夜景

 

台湾・香港向け翻訳・通訳サービス

 
元原稿
 
訳出言語
 
備考
翻訳
中国語
簡体字・繁体字
日本語各種中国語から日本語訳「中国語簡体字・繁体字」「各種中国語」とは、中国本土、台湾、香港、シンガポール、マレーシアなどの地域で使用されている中国語文書を指します。
中国語
簡体字・繁体字
日本語各種中国語から英語訳
日本語中国語
簡体字・繁体字
日本語から各種中国語訳
英語中国語
簡体字・繁体字
英語から各種中国語訳
その他の外国語中国語
簡体字・繁体字
その他の外国語から各種中国語訳
通訳
中国語日本語北京語・広東語・台湾語逐次通訳・同時通訳

SDL Trados(トラドス)Memsource(メモソース)等に対応可能です。

翻訳に際して、翻訳支援ツールが大変有効です。とくに定期的に改訂される出版物などは、メモリを使用することで大幅に効率を上げることが可能です。

是非ご相談ください。

 

台湾・香港向け翻訳・通訳の対応分野および実績

繁体字の印刷物、文書は、簡体字の文書にくらべて、表現、語彙等において異なる部分が多いです。AAインターナショナルでは、その文書の利用目的に従い、最適な翻訳者、校正者を選任し、品質の高い文書を作成します。

 

画像 法務・法律・契約書の翻訳

業務委託契約書、技術提携契約書、ライセンス契約、ソフトウェアライセンス、知的所有権(OEM)、売買契約書、販売・代理店契約書、 機密保持契約書、その他各種契約書、登記・定款、就労規則、各種会社規程、戸籍謄本、法人登記簿証明書。

画像 観光案内・レストランメニュー

名所旧跡、世界遺産、ショッピングモール、店舗の案内、地図、モデルコース、歴史、風俗紹介、レストランのメニュー

画像 産業・技術翻訳

半導体・発電、土木、電子、電気、鉄鋼、通信、船舶、生産管理、自動車、航空、光学、原子力、建設、軍事、機械、環境、化学、プラント、バイオテクノロジー、ハードウェア、ナノテクノロジー、ソフトウェア、エネルギー等の分野の取扱説明書、マニュアル、仕様書、作業手順書、検査要領書、技術レポート等

画像公文書・証明書類の翻訳

台湾の公文書表記は、中国本土および香港の公文書のそれと大きく異なります。表現は、多く古文的表現が用いらられ、官公庁の権威を象徴する表現になっています。そのため一般的には、難解であることが多いようです。

戸籍抄本、戸籍謄本、住民票、除籍謄本、改製原戸籍、家族関係証明書、成績証明書、在学証明書、休学証明書、推薦状、医師免許証、調理師免許証、教員免許証、自動車運転免許証、税務関連書類、残高証明書、源泉徴収票、確定申告書、登記簿謄本、会社定款、営業許可証、現在事項全部証明書、履歴事項全部証明書、在職証明書、雇用証明書、退職証明書、給与明細書、給与支払証明書、結婚証明書、離婚届、離婚届受理証明書、独身証明書、結婚要件具備証明書、出生証明書、死亡届、医療診断書、国籍証明書、身分証明書、パスポート、その他

各国官公庁、大使館等に提出される場合、必要であれば、「翻訳証明書」を発行させていただきます。

 

画像 学術論文翻訳

研究報告書、学会論文、学位論文、投稿論文、参考文献

セキュリティ―セキュリティ―・社内コンプライアンス関連文書の翻訳

情報セキュリティ対策文書、社内コンプライアンス研修用資料、コンピューターウイルス関連資料

画像映像音声・ナレーション原稿の翻訳

近年、ナレーション・録音原稿の翻訳依頼も増えています。 翻訳は、もちろん音声により伝達することを前提に、聞き取りやすく、理解しやすい表現をもちいて訳文を作成します。 ナレーション収録は、各国現地のプロのナレーターが録音するか、あるいは「日本国内のスタジヲ」にて外国人のナレーターにより収録されます。

画像医薬・医療翻訳

薬効薬理試験報告書、薬物動態試験報告書、毒性試験報告書、安全性試験報告書、治験薬概要書(IB)、治験実施計画書(プロトコール)、治験総括報告書(CSR)、症例報告書(CRF)、副作用報告書、CIOMS)、製造申請(CTD)、FDA(米国食品医薬品局)、市販後安全性調査関連資料(PSUR等)、診断書

画像 金融・財務分野の翻訳

財務諸表、有価証券報告書、約款、内部統制関連、投資レポート、証券アナリストレポート、事業報告書、市場・企業分析、財務・会計関連、決算説明会資料、決済短信、経済論文、経済、規定、監査、税務、各種会計関連、株主総会召集通知、各種投資関連、各種契約書類、各種IR文書、為替、先物投資レポート、プレスリリース、その他、アニュアルレポート、M&A関連

画像 特許・知的財産翻訳

特許明細書、出願願書、優先権証明書、特許公報、宣誓供述書、裁判資料、先行技術文献

 

画像ゲーム・プログラムのローカラーゼーション

各種ゲームソフト、工業用アプリケーション、業務ソフト、データベース、インターネットツール、販売管理システム、e-ラーニング、ユーザーマニュアル、ヘルプファイルその他  

中国語(繁体字)印刷物のレイアウト(DTP)

弊社では、日本全国多数の印刷会社さまより、観光案内・会社概要・製品マニュアル・法務文書その他印刷物のDTP作業を請け負っています。 その他、各言語のデータ入力、プロのナレーターによるナレーション収録等の実績も豊富です。

対応可能アプリケーション

adobe illustrator(イラストレーター) adobe indesign(インデザイン) その他DTPソフト、Windows、Macの旧バージョンソフトウェア等に対応します。 中国語の資料を翻訳したいとき、中国語の通訳が必要なとき、レイアウト作業、ナレーション録音などが必要なときは、是非、株式会社AAインターナショナルの中国語翻訳・通訳サービスをご利用ください。

 

台湾香港の文字セット

Big5(ビッグファイブ、中国語名:大五碼あるいは五大碼)は、繁体字中国語の文字コード(文字集合)で、台湾・香港・マカオといった繁体字圏で最も一般的に使われています。

1984年5月1日に台湾の資訊工業策進会(Institute for Information Industry)が制定したもので、「電腦用中文字型與字碼對照表」として発行しました。5大パソコンメーカーであったエイサー(宏碁)、マイタック(神通)、佳佳、ゼロワン(零壱)、FIC(大衆)が共同で策定したことによりこの名があります。

Big5に対しては、これまでさまざまな拡張が行われています。

台湾の公的拡張

Big5-2003

中華民国国家標準を所管する経済部標準検験局の委託を受けた中推会は、国内の業者・専門家を招集して Big5の対照表を作成し、CNS 11643に附属書として盛り込みました。これにより Big5は正式に公的規格の一部分となっています。

香港の公的拡張

港増補字符集 HKSCS
香港政府によってBig5の拡張文字セット(外字)として制定された文字集合で、Big5に収録されなかった広東語方言字、固有名詞や科学技術に用いる漢字、仮名、漢字の部品などを補充したものです。

単価・料金の目安

中国語翻訳サービス
日本語中国語(香港向け)8~16円/1文字(原文)
日本語中国語(台湾向け)8~16円/1文字(原文)
中国語(香港・台湾)日本語9.5~19円/1文字(原文)
英語中国語(香港向け)16~32円/1ワード(原文)
英語中国語(台湾向け)16~32円/1ワード(原文)
中国語(香港・台湾)英語10~20円/1文字(原文)
  • 各言語にミニマム料金を設けています。(3000~6000円程度)
  • 翻訳証明書は、一部3000円(税別)で発行させていただきます。
  • 上記単価は、一応の目安です。原文の状態、難易度、ボリューム、センテンスの重複、その他により費用が変わります。
中国語通訳サービス

中国語(北京語・広東語・台湾語)⇔ 日本語 35000円~/8時間拘束(逐次) 日本全国 海外にて通訳者の手配が可能です。詳細は、お問い合わせください。

  • 上記料金は、一応の目安です。通訳者、難易度、その他の条件により費用は、変わります。

主な取引先

・製薬会社 ・製造メーカー ・翻訳会社 ・官公庁、地方自治体、学校法人 ・印刷会社 その他多数 これまでに多くの大企業、官公庁、翻訳会社さまにあらゆる分野の翻訳文書をご納品していますが、秘密保持の観点から、個別の企業名を列記することは、控えさせていただきます。

ネイティブスタッフ

台湾出身および米国・東南アジア各国のネイティブスタッフが常勤していますので、現地の状況に則して、翻訳・校正・質問応答等に迅速に対応できます。

  •  

台湾/香港語翻訳・通訳・DTP・その他サービスに関する規約

 

北京語・広東語・台湾語・上海語・四川語等の中国語の方言について

中国語は、世界最多の話者を有する言語です。(2位はスペイン語、3位が英語だそうです)。

中国の標準語・普通話(Mandarin)は、中国13億の人民にとどまらず、台湾や東南アジア(シンガポールなど)一帯、また、近年では香港やマカオなどにも普及しています。

しかし、これだけ通用する範囲が広いと、地域によって発音や語彙に差が出てくるのも当然のこと。とくに1949年以来、社会体制的に断絶してきた中台間では、本土の標準語「普通話」と台湾の標準語「国語」で意外なほどに差異があります。

イギリスの英語とアメリカの英語に違いがあるのと同じことで、体制や生活環境の違いが生んだ必然のギャップです。

中国の「普通話」と台湾の「国語」の違い

普通話と国語の違いについては、発音・字体はもちろんのこと、語彙も異なることが多いです。その違いを生みだした理由には、大きく分けて3つあります。

■1)1949年(中華人民共和国成立)以前に通用していた語彙
共産国家になった中国は旧態依然とした慣習や風俗を排除したため、伝統的なオリジナル中国語の語彙が多く消えて行きました。社会的に使う必要がなくなったからです。しかし、その影響を受けなかった台湾や香港にはこのような語彙が現在も残っています。

先生(xiānshēng/ミスター)
小姐(xiǎojiě/ミス)
太太(tàitai/ミセス)
女士(nǚshì/ミズ)
老板(lǎobǎn/社長)

■2)1949年以後に出現した事物を表す語彙
生活環境の現代化に伴って新たに出現した事物に、中国と台湾それぞれが独自に新語を当てはめていったため、語彙に差が生じたものです。

日本 台湾 大陸 
ジャガイモ 馬鈴薯 土豆 
ヨーグルト 優格酸奶 
自転車 腳踏車 自行车 
地下鉄 捷運 地铁 
タクシー 計程車 出租车 
クーラー冷气机空调
インスタントラーメン速食面方便面
ビデオテープ录影带录像带

■3)方言・外来語の影響を受けた語彙
台湾では、戦前から暮らしていた住民の間では福建語や客家語といった方言が使われています。また、日本統治時代の影響もあり、こうした方言や日本語を中心とする外来語がかなり国語の語彙に入ってきています。

例)

日本語国語普通話
マッサージ马杀鸡(mǎshājī)按摩(ànmó)
弁当便当(biàndāng)→盒饭(héfàn)
ブッシュ(人名) 布希(bùxī)布什(bùshí)
エリクソン(企業名) 易利信(yìlìxìn)爱立信(àilìxìn)
ショー秀(xiù)表演(biǎoyǎn) 
知りません不晓得(bù xiǎodé)不知道(bù zhīdao)
どうしたしまして不会(bú huì)不客气(bú kèqi)

 

これがセンテンスとなるとさらに大きな違いになるので省きますが、短いセンテンスを例にとると、台湾の国語では「を「」、「」を「」と言ったりします。

話者人口でいえば普通話の優勢は圧倒的ですが、筆者個人の印象では、本土以外の中国語圏(香港・シンガポールなど)で話される標準語は、国語寄りの印象があります。そういう意味では、台湾の国語は国際力に長けているともいえます。

 

台湾の繁体字と香港の繁体字の区別

日本語台湾繁体字香港繁体字
ブログ部落格博客
エアーコンディション

空調

冷氣機
携帯電話智慧手機智能手機
地下鉄捷運地鐵
   ネットワーク網路網絡