中東の言語

  • エジプト – カイロ(アラビア語)

画像現在のエジプトではアラビア語が公用語である。これは、イスラムの征服当時にもたらされたもので、エジプトのイスラム化と同時に普及していった。ただし、公用語となっているのは正則アラビア語(フスハー)だが、実際に用いられているのはアラビア語エジプト方言である。古代エジプトの公用語であったエジプト語(4世紀以降の近代エジプト語はコプト語の名で知られる)は、現在では少数のキリスト教徒が典礼言語として使用するほかはエジプトの歴史に興味を持つ知識層が学んでいるだけであり、これを話せる国民は極めて少ない。日常言語としてコプト語を使用する母語話者は数十名程度である。他には地域的にヌビア諸語、教育・ビジネスに英語、文化においてはフランス語なども使われている。

  • イラク-バグダッド(アラビア語)

画像

アラビア語、クルド語が公用語である。2004年のイラク憲法改正以来クルド語がアラビア語と共に正式な公用語に追加された。その他アルメニア語、アゼリー語や現代アラム語 (アッシリア語) なども少数ながら使われている。

書き言葉としてのアラビア語 (フスハー) は、アラブ世界で統一されている。これはコーランが基準となっているからである。しかし、話し言葉としてのアラビア語 (アーンミーヤ) は地域によって異なる。エジプト方言は映画やテレビ放送の言葉として広く流通しているが、この他にマグレブ方言、シリア方言、湾岸方言、アラビア半島方言などが認められている。イラクで話されているのはイラク方言である。ただし、イラク国内で共通語となっているバグダードの言葉と山岳部、湾岸部にもさらに方言が分かれている。

  • サウジアラビア-(アラビア語)

画像

公用語が古典アラビア語で、日常生活での共通口語は、サウジアラビアの現代口語アラビア語変種である。

 

 

      • アラビア語ヒジャーズ方言 (約600万人) – アラビア半島の紅海沿岸の地方
      • アラビア語ナジュド方言 (約800万人) – アラビア半島の中央部にある高原地帯
      • アラビア語湾岸方言 (約20万人) – ペルシャ湾岸

外国人労働者の母語として、いくつかの言語が話されている。

      • タガログ語 (約70万人)
      • ロヒンギャ語 (約40万人)
      • ウルドゥー語 (約38万人)
      • アラビア語エジプト方言 (約30万人)

 

  • イラン (ペルシア語)

画像主要な言語は、ペルシア語、アゼルバイジャン語、クルド語、ロル語、ギラキ語、マーザンダラーン語、バローチー語、アラビア語、トルクメン語、ドマーリー語、ガシュガーイー語、タリシュ語である。

 

アフリカ諸国

 

国名主要言語人口(100万人)
ナイジェリア連邦共和国英語、各民族語140.4
エチオピア連邦民主共和国アムハラ語、英語73.8
エジプト・アラブ共和国アラビア語72.8
南アフリカ共和国英語、アフリカーンス語、ズールー語、コサ語(ほか、計11言語が公用語)44.8
ケニア共和国英語、スワヒリ語38.6
アルジェリア民主人民共和国アラビア語、ベルベル語、仏語34.5
タンザニア連合共和国スワヒリ語、英語34.4
スーダン共和国アラビア語、英語34.2
コンゴ民主共和国仏語、キコンゴ語、リンガラ語29.9
モロッコ王国アラビア語、仏語29.7
ウガンダ共和国英語、スワヒリ語、ルガンダ語24.4
ガーナ共和国英語24.2
モザンビーク共和国ポルトガル語20.3
カメルーン共和国仏語、英語17.1
コートジボワール共和国仏語15.4
マリ共和国仏語、バンバラ語14.5
ブルキナファソ仏語、モシ語、ディウラ語、グルマンチェ語14.2
マラウイ共和国英語、チェワ語13.1
ザンビア共和国英語、ベンバ語、ニャンジァ語、トンガ語13.0
マダガスカル共和国マダガスカル語、仏語、英語12.2

 

言語に関する情報は、『ウィキペディア(Wikipedia)』の記載を引用させていただきました。