中国語には、繁体字(Traditional Chinese)と、簡体字(Simplified Chinese)があります。

繁体字は香港や台湾で使われていて、簡体字は中国本土やシンガポールで使われています。

簡体字は、繁体字の画数を減らし、簡単に読み書きできるように改良したものですが、文字コード体系が全く異なるため、全く互換性はありません。

繁体字中国語の文字コードは、台湾のメーカー5社が策定した「Big5」がよく使われています。ただ、Big5は、ISO-2022準拠でないため、「CNS11643(EUC_TW)」も作られました。 CNSは、Chinese National Standardsの略です。

簡体字中国語の文字コードは、「GB2312(EUC_CN)」がよく使われています。 GBは、国家標準(Guo jia Biao zhun)の略です。

 

この他にも、中国語の文字コードはありますが、Big5とGB2312の2つが代表的なものです。ワードやエクセルで中国語を表示するときには、下記のフォントを使用するのが良いでしょう。

文字コードの種類 キャラクタセット
繁体字中国語(Traditional Chinese) charset=big5
簡体字中国語(Simplified Chinese) charset=GB2312

 

繁体字中国語(Big5)用のフォント

「明柳」MingLiU

簡体字中国語(GB2312)用のフォント

「宋体」MS Song
「黒体」MS Hei